読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

@ Cinema Port

こころにひびく映画紹介

映画『Love Letter』

f:id:zatugaka_arika:20120711163334j:plain

[おススメ度・★★★★ ]

『 風 』というバンドを知ってるだろうか? 

70年代中盤に活躍していた二人組のデュオで、切ない愛の詩を美しいメロディーにのせて歌い、「22才の別れ」等の名曲をたくさん残した。『かぐや姫』解散後、伊勢正三が元『猫』の大久保一久と結成したフォーク・デュオである。

私の記憶の中の『風』との最初の出会いは、TV『昨日、別離』で流れていた「22才の別れ」の切ないメロディーと美しい雪国の映像と共にあります。

監督/岩井俊二。主演/中山美穂・豊川悦司・加賀まりこ酒井美紀柏原崇 公開/1995年4月の作品です。この映画を観ながら、当時、私は遠い日に聴いた『風』の歌を想い出していた「あいつ」という歌があった。山で死んだ友達のことを歌った歌で、『ぼく』はその友達の恋人だった女の子のことを想い出している。「こんな可愛い人を残して逝くなんて」と『ぼく』は歌う。けれども、『ぼく』は思う。何も残さずに一人で逝ってしまったのも、もしかしたら「あいつ」の優しさだったのかも~♪、と。

映画『  Love Letter 』の主人公=博子(中山美穂)は、雪山で死んだ恋人に手紙を書く。彼が昔住んでいたという北の街・小樽に向けて・・。

 拝啓、藤井樹様 お元気ですか? 私は元気です 。

それは天国の恋人に宛てた手紙だった。が、来るはずのない返事が届く。ワープロ打ちのシンプルな手紙。差出人は『 藤井樹 』。

奇妙な文通が始まる。手紙が何往復かした頃、彼女は恋人に中学時代、同姓同名の女の子のクラスメイトがいたことを知る。つまり、彼女はもう一人の藤井樹に向けて手紙を書いていたのだった。本当の事が分かった後も二人の文通は続く。 

なんでもいいです。 彼のことを教えて下さい。

小樽の樹(中山美穂二役)は、忘れていた中学時代の事を手紙に綴る。それは封印していた想いをひも解く事でもあった。同じ名前というだけで皆にからかわれ、いい想い出のなかったはずのあの頃。けれどもあれこれ想い出を書くうちに、彼女は気付く。もしかしたら彼は私を好きだったのでは・・・。そして私も。

切ない切ない恋の、いや恋以前の物語が巡っていく。初恋の予感。初恋の想い出。もう決して帰らない懐かしい日々。観ていて胸が痛く成る。小樽の樹が博子に向けて書くひとつひとつの物語は、過去の自分に向けたラブレターでもある。そして、それを愛おしむ博子と、彼女を大きな愛で見守る恋人・樹の親友で山登り仲間= 秋葉茂(豊川悦司)。

「 君と最初に会ったのは僕だったのに 」。

そんな彼の言葉が心に染みる。同じフレーズが、『風』の「君と歩いた青春」という曲にもあった。

ずっと君の事が好きだったけど、君は親友の恋人だった。でも君と出会ったのは僕が最初だったね~♪。

豊川悦司の横顔にあの優しく切ない歌を聴いたような気がした。


” こ の 切 な さ は 

 

ど こ か ら や っ て く る の だ ろ う ? ”

 

 

 

キャスト

スタッフ