読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

@ Cinema Port

こころにひびく映画紹介

洋画「リンカーン」

*アメリカを大きく変えた政治家の実像

 

1965年のアメリカ。南北戦争が4年目に突入する中、大統領のリンカーンは、奴隷制度を葬り去るまで戦いを終わらせないという強い決断があった……。

スティーブン・スピルバーグは緊迫した議会での論争、泥沼化した南北戦争の様子を重圧なタッチで活写。さらにリンカーンのイメージそのもののダニエル・デイ=ルイスの渾身の演技によって、当時にタイムスリップしたような感覚に。妻と息子の関係に悩む、名大統領の人間くさい一面も興味深い伝記劇。

 

 

 

出演: ダニエル・デイ=ルイス, サリー・フィールド, トミー・リー・ジョーンズ, ジョセフ・ゴードン=レヴィット, ハル・ホルブルック

監督: スティーブン・スピルバーグ