読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

@ Cinema Port

こころにひびく映画紹介

洋画「悪の法則」

 

*巨大な”悪”の罠にはまった男の行方!

 

美しいフィアンセのセレブな結婚生活を夢見て、出来心から麻薬売買に手を染めた若手弁護士。だが、その先には思わぬ落とし穴が待っていた……。この世の闇に渦巻く"悪の法則"に魅入られ、もはや逃れようのない戦慄の罠に絡め取られてしまったことに......。人間の愚かさ、欲望の怖さをまざまざと見せつける展開には身も凍るよう。主演のマイケル・ファスベンダーら豪華キャスト陣が、いずれも一筋縄ではいかない役を好演して魅せる。劇場版とは異なる21分拡大版本編を収録。

 

 

 

<キャスト&スタッフ>

弁護士さん…マイケル・ファスベンダー(東地宏樹)

ローラ…ペネロペ・クルス(本名陽子)

マルキナ…キャメロン・ディアス(田中敦子)

ライナー…ハビエル・バルデム(江原正士)

ウェストリー…ブラッド・ピット(山寺宏一)

製作・監督:リドリー・スコット

製作:ニック・ウェクスラー/スティーヴ・シュワルツ/ポーラ・メイ・シュワルツ

脚本:コーマック・マッカーシー

●字幕翻訳:松浦美奈 ●吹替翻訳:野口尊子