読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

@ Cinema Port

こころにひびく映画紹介

洋画『愛と死の間で』

■リーインカーネーション(転生)により巡り合う男と女の恋のゆくえは…

これはもう宣伝のうたい文句にも出ていて、別に秘密ではないので書きますとリーインカーネーション(転生)を扱ったサスペンス・ドラマです。といっても監督と主演がイギリスの俳優ケネス・プラナー(『ヘンリー5世』で知られる)なかで、適度な重圧さがあり、なかなか良くできている作品です。簡単に底が割れるB級サスペンスとは一味違うという感じがします。

そして現代はカラー、’40年代は白黒と切りかわるカメラも味わい深く美しい。イギリス人が撮っているせいか、普段目にするLAとは一味違うイメージです。’40年代後半のムードもよく出ていてゴージャスな雰囲気。

結局マイクは現在の彼女の正体と共に、過去の殺人事件の謎も解決するのですが、サスペンスの盛り上げ方も上手く楽しめる作品といえます。

 

 

愛と死の間で [DVD]

愛と死の間で [DVD]

 

 

出演:

ケネス・ブラナー

エマ・トンプソン

アンディ・ガルシア

デレク・ジャコビ

ハンナ・シグラ

 

監督: ケネス・ブラナー