読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

@ Cinema Port

こころにひびく映画紹介

洋画『GONE GIRL 』

■失踪した妻と疑われた夫

メディアが暴く夫婦の秘密とは……

幸せそうな夫婦から見える、人間の本性。

 

ミズーリ州の田舎に住むニックの妻が結婚5周年の記念日に姿を消した。部屋は荒らされ、キッチンに残されたエイミーの大量の血痕から警察は他殺と失踪の両方の可能性を探る。憔悴した表情で行方のわからなくなった妻を心配する夫ニック、だが彼にも捜査の手が及び窮地に立たされる。妻エイミーに何が起きたのか――。全米で600万部突破のベストセラーを映画化。メディアの暴走により夫婦の素性が明るみになる怖さ。追い込まれる夫を演じるベン・アフレックの抑えた演技も見もの。二転三転、大逆転の展開に、衝撃を受けること必至 のサスペンス。

 

 

 

ジャンル:ミステリー/サスペンス/ドラマ

製作国:アメリカ

製作年:2014年

初公開日:2014年12月12日

上映時間:149分

 

 

 

<キャスト&スタッフ>

ニック・ダン…ベン・アフレック(森川智之)

エイミー・エリオット・ダン…ロザムンド・パイク(加藤有生子)

デジー・コリングス…ニール・パトリック・ハリス(川中子雅人)

タナー・ボルト…タイラー・ペリー(石塚運昇)

マーゴ・ダン…キャリー・クーン(本田貴子)

ボニー刑事…キム・ディケンズ(沢海陽子)

監督:デイビッド・フィンチャー

脚本・原作:ギリアン・フリン

製作:アーノン・ミルチャン/ジョシュア・ドーネン/リーズ・ウィザースプーン/ショーン・チャフィン, p.g.a.

音楽:トレント・レズナー&アッティカス・ロス

●字幕翻訳:松浦美奈 ●吹替翻訳:大川直美