読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

@ Cinema Port

こころにひびく映画紹介

洋画『ジェラシー』

■嫉妬に身焦がしつつも、お洒落な恋物語

 

人間の感情のなかでかなり厄介な”嫉妬”をテーマに、南仏のプロヴァンスを舞台に描いた恋の物語。新進の女流カメラマン・カミ―ユは、売り出し中の舞台装置家・ピエールと恋愛中。でも彼は名うてのプレイボーイ。仕事場には女性が出入りし、引き出しは女性の下着が……。献身的に尽くす彼女は不安でならない。問い詰めると「愛するのは君だけ」と。次第に嫉妬深くなるカミ―ユは留守番電話のチェックはもちろん、彼のズボンのポケットを調べ、シャツに付いた香水のにおいを嗅ぎ分け、挙句はスケッチブックに描かれたショートカットの女性に負けじと髪を短くカットしてしまう――。人気ポップ歌手のリオが、カンリーヌ・ドヌープを母に持つクリスチャン・ヴァディムを相手に滑稽なくらい不器用な恋を展開する。楽しくお洒落な女性向きの傑作。監督は一作目にして並々ならぬ才能を発揮したキャスリーン・フォンマーティ。

 

 

ジェラシー [VHS]

ジェラシー [VHS]

 

 

出演: リオ

監督: キャスリーン・フォーマーティ