読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

@ Cinema Port

こころにひびく映画紹介

洋画「ゼロ・グラビティ」

*宇宙に放り出された人間の絶望と再生!

 

エンジニアのストーンは、ベテラン宇宙飛行士とスペースシャトルの船外で修理作業にあたっていた。だが地表から60 万メートル上空。すべてが完璧な世界。そこで、誰もが予測しなかった突発事故が発生。人工衛星崩壊で発生した破片がシャトルを直撃し、宇宙の無重力空間=ゼロ・グラビティに突如放り出されてしまう……。
漆黒の闇で二人をつなぐのは、たった一本のロープのみ。他の乗組員は全員死亡。NASA との交信も断たれ、残った酸素はあとわずか。
次々と襲いかかる危機を突破し、果たして地球に無事生還することができるのか…!? 2014年度アカデミー賞最多7部門受賞作。まさに無重力を体感させる革新的な映像を通して、生と死という普遍的なテーマを描き出すアルフォンソ・キュアロンの才気に感嘆。ラスト、土と水をつかんで立ち上がるヒロインの姿に”生”を実感する。映画史に残る一作。

 

 

 

<監督>アルフォンソ・キュアロン

 

<キャスト>

サンドラ・ブロック

ジョージ・クルーニー